作った電気を売ろう!家庭用太陽光発電のメリット

作った電気が貯まる楽しみ。余ったぶんは売ってお得

家庭用太陽光発電とは、家庭の屋根用に作られた太陽光パネルを設置して電気を作る、自然に優しい発電方法です。太陽光によって作られた電気は、自宅用の電気として使う事が出来ます。しかし太陽光のメリットはそれだけではありません。作った電気で自宅で使わない分、つまり余った分は、電力会社に売る事が出来るのです。これを売電と言います。太陽光が良く当たれば電気をたくさん作る事ができるので、立地が良い方にはお得なシステムです。また、電気を節約すればそのぶん売電量も増えるので、節約が好きな方にもお得です。

少々の雪や雨も安心。太陽さえあれば大丈夫

太陽光パネルは、晴れの日しか発電出来ないわけではありません。少々の雪や雨ならはじき、曇り気味の日でも、太陽が出ていれば発電出来る事があります。風力発電と違い、プロペラを動かすほどの大きな風がなくても、太陽さえ出ていれば発電出来るメリットがあります。つまり、北海道から沖縄まで気温問わず太陽光パネルは設置出来るのです。設置する向きによっても発電効率はぐっと上がります。また、プロペラのような回転音も太陽光パネルにはないので、音が気になるという方にもおすすめです。

停電時も安心。自家発電だから電気を確保出来る

災害などによる急な停電にも、太陽光パネルがあれば安心です。なぜなら、電力会社から電気が供給されなくても、昼間であれば自家発電で作った電気を自宅で使えるからです。つまり、自宅が電力会社になるような感じです。家族が多いなど電気をよく使う方は、太陽光パネルのように自家発電システムを検討する事をおすすめします。パネル設置費用の支払いも、売電によって得た報酬を支払いにまわす事が出来るので、意外にリーズナブルに済む事もあります。実際に太陽光発電の会社に屋根を見てもらい、発電効率の良さなど、メリットについて見積もってもらいましょう。見積もりなら無料で出来る会社もたくさんあります。

太陽光発電を導入することで、電気料金を節約出来るだけでなく、災害などで停電になった場合でも電気が使用できるというメリットが有ります。