ちょっと気になる!?美容整形後の過ごし方

手術直後は特にデリケートにならざるを得ず・・

個人のプライベートに関して厳重に守られている美容整形クリニックですが、肝心の手術直後は患部を隠して帰宅しなければならず、その際に他の人に手術を気付かれぬ様にするのは結構骨の要るものです。多くの場合、病院側から患部をすっぽり隠せる様大きめのマスクを頂けるものですが、それでも目を直接見られぬ様サングラスを掛ける等しないと、知人・友人に見られるリスクが高まるからと落ち着かない人も当然いる訳です。日帰り手術の場合、人目に付かない様平日の比較的人出が少ない時間帯に済ませ、帰宅するのがベストという事になるでしょう。

傷口が癒えぬうちの通勤・通学が結構辛い・・

仮に職場の同僚あるいは学校の友人に美容整形の話を伝えていなかった場合、手術直後にマスク等で保護された患部や顔を見せると、非常に驚かれるケースが大半ですよね。当然その理由を頻繁に訊かれる事となる訳です。ですが整形手術自体極めてデリケートな問題であり他人に打ち明けるのは相当の勇気が要りますから、当然その理由を明かす事は出来ず、適当な理由で取り繕わざるを得なくなるのです。上手く知人・友人を納得させるだけのそれらしい理由を用意出来るかが重要となるでしょう。

やはり身体的な痛みは伴うもの

美容外科手術と言えども一般の手術と変わりなく、身体の一部にメスを入れる訳ですから、当然手術後はその傷口は多少なりとも痛むものです。病院側から鎮静剤の処方を受けるケースが殆どですが、それでも痛みが中々引かず意外と大きな負担となるケースもあり、辛抱のしどころとなるのです。多くの場合手術後1週間以内には痛みも殆ど消え傷も癒着し身体に馴染んで来るものですが、部位によっては完治に時間が掛かるケースもあります。いずれにせよ無理して動く様な事はせず、綺麗に傷口が消える様心掛けるべきでしょう。

処女膜の再生の手術は膣の粘膜を少しつまんで縫い合わせるという手術で、20分程度でできます。過去をリセットし、生活や気持ちのリフレッシュにも効果があります。