仮性包茎を病院に行かないで自分で治す方法

亀頭部分の痛みを消す

仮性包茎の人の中には、亀頭にかぶさっている皮をむくと、亀頭部分に痛みを感じる人がいるかもしれません。もし、仮性包茎を改善させるのであれば、この痛みに慣れていく必要があります。どのようにすれば、亀頭部分の痛みを改善させることができるのかというと、トイレの際は必ず皮をむいて行うようにしたり、ローションを塗って亀頭部分をマッサージしていれば、徐々に痛みにも慣れてきます。痛みに慣れてくれば、皮をむいた状態になっても抵抗を感じることがなくなります。

むきぐせをつくるようにする

仮性包茎は、自分が意識すれば皮をむくことができるので、常に皮をむく癖をつけることによって、仮性包茎を改善させることができるかもしれません。例えば、トイレの時や入浴の時、寝る前に皮をむく習慣を身に着けることによって、徐々に皮がない状態が普通になるようにしていきます。特に、寝る前に皮をむいた状態で寝れば、朝起きた時にも皮がむけて亀頭が外部に露出した状態のままになっていることがあります。これを何度か続けていれば、その内包茎ではなくなる可能性が高くなります。

皮に癖をつけうようにする

自分で皮をむく習慣が身についたら、最後に亀頭を覆っている皮自体に癖をつけていきます。具体的にどのような方法で行うのかというと、まずペニスを勃起させ、その後皮をむいた状態で川の先端を両手でつまんで、横に伸ばしていきます。これを10秒間に10セット程度行うようにします。どのくらいの効果が出るのかということについては、個人差がありますが、人によっては1か月ほどで効果が現れたりするので、根気よく続けていくことが大事になってきます。

包茎で悩んでいる方は意外に多くいるので、深刻に悩んでいるなら皮膚科や美容クリニック、メンズクリニックの無料カウンセリングを受けると良いでしょう。